• ホーム
  • 事例のご紹介 Case 02 コミュニティについて

事例のご紹介 Case 02 コミュニティについて

マンションの管理組合は区分所有者全員を組合員として構成されます。しかし実際に全員で活動を行う機会はあまり多くありません。同じマンションに住んでいても名前を知らなかったり、言葉をかわしたことがない方がたくさんいる場合もあります。
居住者全員でイベントなどのコミュニティ活動を行うことで、(管理組合や)居住者同士のつながりや、自分たちのマンションをより良いものにしていこうという連帯感が生まれたり、管理組合運営に対しての関心も高まります。
また、大規模修繕工事や災害に備えての話し合いなど、マンション全体に関わることを決定する時には、普段からのコミュニケーションが重要な役割を果たします。
イベントの役割は、単に楽しむだけのものではなく、良好なコミュニティの形成、円滑な日常生活からマンションの資産価値の向上へとつながっています。

居住者へのアンケートより

大京アステージ調べ

イベントを組み合わせる

管理組合の行事で参加者を増やしたい時は、楽しいイベントを組み合わせるのもポイントです。
楽しいイベントには、ご家族連れで参加されることが多く、居住者間のコミュニケーションが深まることで、マンションの一体感が増したとの声もあります。あるマンションでは、総会と懇親会を組み合わせたことで、総会への出席者が大幅に増加したケースもあります。

「防災訓練」と「バーベキューパーティー」

防災訓練は、1年に1回は行いたいものです。また、訓練の後に飲食パーティーなどの親睦会を開いてみましょう。理事会メンバーだけでなく、居住者の中から協力いただけるメンバーを募り、訓練の後に親睦会を開催しました。役割を分担してできるだけ多くの方が参画できるようにします。段取りは大変ですが、訓練の参加率アップも期待できます。

防災訓練

管轄の消防署に相談すると詳しく教えてくれます。避難・消火・救護・防災ビデオの上映などマンションに合ったメニューを考えて実施しましょう。
消防署で訓練用の消火器・通報機器や消防車などを用意してくれる場合もあります。

模擬消火器(水消火器)を
使用しての訓練

消火ホースを
使用しての訓練

バーベキューパーティー

屋外でバーベキューパーティー。においにつられて参加者も多くなるようです。計画の立案や材料・機材の調達の段階からコミュニケーションが生まれます。バーベキューコンロの設置や炭おこしなどは、アウトドアで鍛えたお父さんの腕のみせどころ。普段顔を会わせることの少ない、お父さん同士の交流の場にもなります。

「一斉清掃」と「とん汁パーティー」

自分たちのマンションは自分たちでキレイにしたい、そんな思いから定期的に自分たちで清掃や草取りを行っていたり、廃品回収などのリサイクル活動をしているマンションもあります。清掃などの作業中に「とん汁パーティー」スタッフが準備を進め、作業終了後にみんなで労をねぎらいます。

一斉清掃

清掃する箇所や方法は、マンションの規模や状態に応じて決めます。一般的にはマンションサポーター(管理員)の日常清掃や清掃業者による定期清掃により行われていますが、自分たちで清掃することで共用部分をキレイに使おうという意識を持ってもらうことにつながります。

とん汁パーティー

大きめの鍋とコンロがあれば簡単にできます。小規模なマンションにもお勧めで、寒い時期には、温かいとん汁で心も身体も温まります。また、自分たちで調理することで、非常時の炊き出し訓練にもつながります。

定例行事へと発展させる

小規模なイベントの積み重ねから、居住者みんなの理解や期待も生まれてきます。
定例行事として軌道に乗ると、スタッフの要領もよくなりプロ顔負けのスムーズな運営ができるようになります。
やがて居住者の方から「コミュニティのよいマンションに住んでいてよかった」という声も増えてきます。
よりよいマンションライフのために、イベントは1回で終わらせず継続することが大切です。

Case Study 事例のご紹介

Case01 防災・災害への対策

東日本大震災を例に
震災時の取り組みをご紹介

Case02 コミュニティ

居住者参加型イベントの開催で高まる管理組合への関心

Contact お問い合わせ お電話でのお問い合わせ 大京グループ くらしサポートデスク0120-264-406 午前9:00~係畍綏:00(年中無休/年末年始除く)音声ガイダンスが流れますので「4」番を押してください。

  • お問い合わせ
  • セミナー情報